みんな大好きオリジナルTシャツ!オリジナルTシャツを作ろう!

伝統のある浴衣

蒸し暑い夏でも快適に過ごせるように、浴衣はさまざまな工夫が施されています。

現在の浴衣は鮮やかで種類が豊富ですが、昔は白地や紺地が主流でした。
白地の浴衣は見た目も涼しげですが、日光を吸収しにくい色なので真夏の日中でも涼しく過ごせ、見た目も涼しげです。

藍で染める紺地の浴衣は、藍の香りが虫を寄せ付けにくい作用があるようです。

古くから親しまれている伝統のある浴衣は、日本の生活の知恵がたくさん組み込まれているんですね。きちんとした浴衣は値がはりますが、長く着ることができることを考えると、買っても何回も着れるので、良いのではないでしょうか。

保存管理がきちんとできると良いと思います。昔なら、桐の箪笥を嫁入り道具として持たせましたが、現代では少なくなっているのかもしれません。日本らしい文化を新しい形でも、継承していけると良いですね。

浴衣の着崩れに対応できる様になろう

普段着であれば着崩れるという事はあまりないかと思いますが、浴衣を着ていると時々着崩れてしまう事もあります。外出先でいきなり着崩れてしまった時には、どうすればいいのでしょうか。

浴衣の着崩れに困った事があるという人もいるのではないかと思います。着崩れの心配をしないためにはコツがある様です。購入していきなり遠出をするのではなく、自宅で何度か練習しておくと当日になって戸惑う事もないかと思います。

そして、着付けだけではなくて、浴衣は着崩れた時にどうすればいいのか対処の方法についても把握しておきたいですね。そうすると、遠出した時や長時間着用している時などにも安心ですね。

トラブルなくきれいに浴衣を着こなしたいですね。

自慢できるような綺麗な浴衣姿を見せたい方はこちら。こだわりのブランド浴衣素敵な帯をお探しの方へ。浴衣から帯や小物までゆかた市場をチェック!ブランド浴衣やメンズ浴衣、子供用浴衣も多数取り揃えています。

浴衣のたたみ方

浴衣は大きな衣類ですが、たたみ方のコツをつかんでしまえば誰にでも簡単にしまうことができます。

まず、襟が左側、すそが右側になるように浴衣をおいてたたみ始めましょう。うなじ部分の襟は内側にたたんでおき、左右の襟をそれぞれ着物の脇に重なるように開きます。おくみ線と呼ばれる線に沿わせると綺麗に折れます。

次に左側にあたる、奥の襟を、手前の襟に重なるようにひきつけます。

そのあと、奥の脇にあたる線を手前の脇線にあてがうときれいに2つにたためます。袖をそれぞれおりこむときれいな長方形ができます。

袖にかからないよう、さらに半分に折ると、タンスに収まるサイズのたたみが完成です。

浴衣に関連するコラム

オリジナルTシャツ作成のプリントTシャツドットコム

運営会社:株式会社フレンドヒロ

本社 〒538-0054 大阪府大阪市鶴見区緑2-7-6

オフィスビル 〒571-0048 大阪府門真市新橋町28-11

http://www.print-tshirts.com/

少数、短納期のオリジナルTシャツ作成はお任せください。

多数の会社のユニフォーム、クラスTシャツ、オリジナルTシャツ作成を受注。

携帯からのオリジナルTシャツ作成のお申し込みはこちら https://fh-t.jp/

スピーディーにお申込みができます。

オリジナルTシャツを大阪で作成をしたい方、オリジナルTシャツ作成の詳細を知りたい方はこちら

ページトップ