みんな大好きオリジナルTシャツ!

また来年も着たい浴衣

服を購入するとワンシーズンしか着ないという人もいる様ですが、浴衣はきちんと保管しておく事で、次の年や、さらにその次の年に着るという事もできるかと思います。

また、流行を大いに反映している浴衣の場合には、数年経つと少し前のデザインだと感じられる事もあるかと思います。
浴衣の中にはあまり流行に左右されにくいデザインの物も多いと思います。

お気に入りの浴衣はできるだけ長く楽しみたいですね。

また、浴衣を着用しない冬の間はきちんと保管を行っておく事を忘れない様にしたいですね。いざ、シーズンが始まって着ようと思った時に、着る事ができない状態になっていたというのは避ける様にしたいですね。

メイクも浴衣に合わせよう

あまり着るチャンスが多くない浴衣を着るのであれば、ぜひメイクも和装に合う様に工夫したいですね。

洋服の時には、チークやリップなどに強いカラーを用いる事もありますが、浴衣の際には、まるですっぴんの様な透明感のあるメイクが似合うという人もいます。

浴衣を着る際には、ベージュのリップにグロスをプラスするのも可愛いかと思います。湯上りの様な色気は浴衣に似合いますね。

お昼から浴衣でお出かけをする人は、UV対策をしてお出かけをしたいですね。ベースメイクは肌の透明感をアップしてくれる事もあります。上品さを基本として、さらに華やかさを追加するのもいいかもしれませんね。メイクでいつもと違う自分に変身してはどうでしょうか。

改まった場所は避けたい浴衣

昔から浴衣というのは普段着の様な存在で、家にいる時に着る物でした。和服である浴衣は一見するときちんとしている様に見える事もあるかと思いますが、改まった場所には向きません。お出かけする際などであれば、浴衣でも問題ありませんが、冠婚葬祭などではふさわしくありません。

やはりその場合には着物が用いられます。浴衣の中には、シンプルで上品に見える物もありますが、時と場所を考えて浴衣を着る様にしたいですね。

また、最近では花火大会などだけでなく、海外の人が多く参加する国際的な文化的なイベントなどでも着用される事が多い様ですね。時代や国境の壁を乗り越えて、たくさんの人に愛されています。

浴衣の着崩れ

浴衣は長い時間着たままの状態だと、ゆるくなって、はだけてしまう事もあります。襟元がたるんでしまう事が原因です。浴衣はしっかりと着ないと、この様に着崩れてしまいます。一度着崩れてしまうと自分で直しても上手くいかない事もあります。

そこで、おはしょりの外側をしっかりと持って下に向かって引きます。その時に、帯が動かない様にしっかりと押さえましょう。

また、最初に浴衣を着る時に、着付けをしっかりと行っておく事でゆるみが発生するのをある程度は防ぐ事ができます。浴衣を着ていて、ゆるんできたなと思えば、早めにお手洗いに行くなどして直す事をおすすめします。

何度か着るとコツがわかってくるでしょう。

浴衣に関連するコラム

ページトップ