みんな大好きオリジナルTシャツ!

オリジナルTシャツ専門用語を解説

オリジナルTシャツを作成したくて、サイトを見ているとわからない専門用語がでてきます。
それを、表にしてみました。

版(はん) Tシャツをプリントする際に作成される、型のことです。1枚この版を作成すれば何枚でもプリントTシャツの制作が可能です。
昇華プリント 熱を加えることで昇華インクを気化させ生地に直接染める加工方法です。ポリエステル素材に主に使われるプリント方法で、写真やCGをプリントする場合はこの方法が一番綺麗に仕上がります。
シルクスクリーンプリント プリント箇所を型抜きした版を作成し、その上からプリントする方法で、一般的なプリント方法です。
番手(ばんて) 糸の太さを数字で表した場合の単位です。太い糸ほど数字が小さくなるのが特徴です。
天竺(てんじく) 一般的にTシャツによく用いられている平編みという編み方です。
オックスフォード 経緯ともに2本以上の糸で引き揃えて織られた平織りのことです。通気性がよく丈夫なのが特徴です。
リブ 伸縮性があるため、ゴム編みとも呼ばれています。Tシャツの首周りや袖口に使われたり、トレーナーの袖口や裾部分などに使われています。

オリジナルTシャツを作成してプレゼントする

プレゼントはそれを贈る人もそれを受け取る人も幸せな気持ちにさせます。そのプレゼントがオリジナルなものであればその喜びは一層大きなものとなります。オリジナルなものを色々と作成できる世の中になりましたが、その一つがオリジナルTシャツです。

自分のお気に入りのデザインやメッセージをTシャツにデザインして贈り物にしてみるのも良い方法です。作り方はWEBデザインという方法もできますし、一枚から作成することもできますので、とても簡単です。見積もわずか数分で行ってもらうことができます。オリジナルTシャツで贈り物をしてみることをオススメいたします。

手作りのオリジナルTシャツ

プリントサービスを利用したオリジナルTシャツにおいてはプロの様な完成度が高い物に仕上げる事ができると考えられます。しかしながら、オリジナルTシャツにおいては無地の物を手に入れて、手作業で行うという事もできるかと思われます。

オリジナルTシャツを作る際には、アイロンプリントを利用したり、染色をするのもいいかと思われます。また、布に直接描く事ができるインクなどもあるようですので、オリジナルTシャツを手作りする場合には利用するのもおすすめです。いろんなアイデアを盛り込んでオリジナルTシャツを作る事ができるでしょう。もちろん個性的な物に仕上げるという事もできるでしょう。

オリジナルTシャツは素材によって料金が変わる?

オリジナルTシャツはもちろん素材によって料金が変わります。

これは別にオリジナルTシャツではなくて市販のTシャツであっても同じことでしょう。単純な綿100%のものであっても、もちろん場合によってはそれで文句のないこともありますが、何らかの機能性を付加したような素材を用いている場合には料金がアップすることになります。

例えば洗濯後に乾きやすいオリジナルTシャツの生地素材であったり、肌触りがよいなどといったことです。このような商品はそれだけ値段があがります。とはいっても元がTシャツです。高機能の商品でも、さほど高い値段ではないことが多いでしょう。

オリジナルTシャツに関連するコラム

ページトップ